新着情報

コラム

2022年9月 大型台風14号 日本列島を縦断

9月14日(水)午前3時、小笠原近海で台風14号「ナンマドル」が発生しました。台風14号は日本の南を西よりに進み、沖縄や奄美に上陸、その後、大型の台風第14号は、19日午前10時には下関市付近に通過し、1時間に約15キロの速さで北東へ進みました。台風14号は予想よりも動きが遅く、影響が長引く恐れがあった為、各地で被害が出ました。
コラム

2022年9月 台風11号 被害状況

2022年8月28日発生した台風11号は、非常に強く、沖縄の南の海上で方向転換し、本州へとやってきました。災害にあったら火災保険の確認をして下さい。
コラム

関東地方を襲ったゲリラ豪雨による雹の被害について(火災保険の利用)

2022年6月2日・3日、関東地方で大気の状態が一時的に不安定になったと報じられました。雷を伴うゲリラ豪雨が各地で報告され大粒の雹が降った地域もありました。1日に2度発生し、Twitter上では、「ゲリラ豪雨」がトレンド1位に・・・
リフォーム

そのアパート、火災保険はうまく活用できていますか?修繕費や給付金がもらえます。

アパートオーナーの多くが、屋根や外壁のメンテナンスのタイミングで考えるのがやはり修繕費用です。物件によっては莫大な費用がかかってしまうのも事実です。修繕を行わなければ、入居者を集めることができず、不動産収入、家賃収入を獲得できなくなってしまうリスクもあるのです・・
コラム

火災保険の活用でマンションの修繕費用や給付金がもらえる?

マンションの物件オーナーであれば、所有しているマンションには、火災保険を必ずと言っていいほど契約をしていると思います。何かあったときにはこの火災保険を上手に使うことで、マンションの修繕費や給付金がもらえます。
コラム

店舗のオーナー様。火災保険を有効活用しませんか(店舗保険申請サポート)

ご自宅にかけられている火災保険の他に、店舗の補償のための店舗用の火災保険である店舗総合保険。大切な店舗を守るために加入されている店舗保険は、住宅の火災保険と同様に種類やオプションが豊富ですが、いざというときに使わないと宝の持ち腐れになってしまいます。
コラム

工場・倉庫の修繕には火災保険の活用を!保険請求・申請方法

工場・倉庫に受けた自然災害による被災は、火災保険を請求することで、給付金を受け取ることができます。更にはこの給付金の使うタイミングや用途は自由で、そのまま修繕工事に使ってもいいですし、今後の事業資金として置いておいてもいいのです。
コラム

ベランダやバルコニーが被災!火災保険は使えるのか

台風や雹のあと、更には雪が融けた後にベランダやバルコニーを確認してみると、こんな傷あったっけ?ということがあるかもしれません。実は火災保険でベランダやバルコニーの被害は補償される可能性があります。
コラム

投資物件をお持ちのオーナー様!火災保険の請求(申請)はお済みですか?

賃貸用マンション・アパートなどの不動産投資用物件には、自然災害や人的被害など、様々なリスクが存在します。これらのリスクをカバーしてくれるのが火災保険であり、投資物件であるマンション・アパート賃貸オーナー向けの特約もあります。
コラム

賃貸物件でも火災保険は必要?

火災保険への加入は任意ですが、賃貸住宅の中には、賃貸借契約の条件で火災保険への加入が必須となっている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました