台風4号 被害 記録的短時間大雨(2022)その後にやるべきこと

台風4号-被害(2022)その後にやるべきことコラム

現在、台風4号は、東シナ海を北上しています。台風からの湿った空気で西日本を中心に大雨となる恐れがあります。

すでに南から暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で各地で大雨の被害がでています。

  • 7月3日は京丹波町南部付近では、およそ100ミリ、福知山市南部付近では、およそ90ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。
  • 7月3日愛知県で災害につながるおそれがある猛烈な雨が降ったとみられるとして、記録的短時間大雨情報を発表。小牧市で1時間100ミリの猛烈な雨となっています。
  • 7月5日福岡県大牟田市付近と熊本県荒尾市付近、長崎県の雲仙市付近では、1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられ、災害が発生する危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表
  • 7月5日北海道岩見沢市付近で1時間に約100ミリ、北海道三笠市付近で1時間に約110ミリ、青森県鰺ヶ沢町付近で1時間に約90ミリなど
  • 7月5日高知県西部で線状降水帯による非常に激しい雨が降り続き、高知県須崎市で午前1時すぎまでの3時間で、観測史上最多となる208・0ミリを記録。

記録的短時間大雨情報とは(気象庁より抜粋)

数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測(地上の雨量計による観測)したり、解析(気象レーダーと地上の雨量計を組み合わせた分析)したりしたときに発表します。この情報は、現在の降雨がその地域にとって土砂災害や浸水害、中小河川の洪水災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることをお知らせするために、雨量基準を満たし、かつ、大雨警報発表中に、危険度分布の「危険」が出現している場合に発表するもので、大雨を観測した観測点名や市町村等を明記しています。雨量基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決めています。(気象庁

大雨や台風が過ぎ去ったあとにご自宅の確認するべきこと

大雨や台風の後は、建物のどこかしらに被害が及んでいる可能性があります。天候が落ち着いたら、早めのタイミングでチェックするようにしましょう。

  • 屋根
  • ガラス
  • 外壁
  • 天井(雨漏りの兆候がないか)
  • 車庫・物置・カーポート

※高所での確認は危険が伴いますので専門のサポート業者に確認してもらいましょう。

被害が出たときの火災保険の申請手順

まずは大雨や台風による被害状況の確認をする。
そして最初に被害箇所の写真」「被害発生日時と原因のメモを必ず残すようにしてください。
この被害状況の説明ができなければ、保険金を受け取ることができません。

火災保険の申請から受給までの流れ
  • step.1
    WEBお電話からお申込
  • step.2
    調査日の調整
  • step.3
    現地調査

    破損個所が火災保険の適用個所になるか専門スタッフが現地に伺い、30分~1時間程度調査を実施致します。

  • step.4
    保険会社に申請(事故受付)

    ご加入中の保険会社に連絡。資料送付

  • step.5
    保険会社による審査・現地調査

    保険会社や鑑定人による審査

  • step.6
    結果の通知、給付金の支払い

    損傷が認められた場合、保険会社様からご入金

  • step.7
    火災保険申請サポートの報酬の支払い

    入金後、サポート手数料を支払い終了

~保険金の申請から給付(受給)までは平均1ヶ月~2ヶ月程度~

コメント

  1. […] 結論:スピード感があり全国展開しているだけあり良い会社であります。 台風4号 被害 記録的短時間大雨(2022)その後にやるべきこと […]

タイトルとURLをコピーしました