台風被害

コラム

2022年9月 大型台風14号 日本列島を縦断

9月14日(水)午前3時、小笠原近海で台風14号「ナンマドル」が発生しました。台風14号は日本の南を西よりに進み、沖縄や奄美に上陸、その後、大型の台風第14号は、19日午前10時には下関市付近に通過し、1時間に約15キロの速さで北東へ進みました。台風14号は予想よりも動きが遅く、影響が長引く恐れがあった為、各地で被害が出ました。
コラム

2022年9月 台風11号 被害状況

2022年8月28日発生した台風11号は、非常に強く、沖縄の南の海上で方向転換し、本州へとやってきました。災害にあったら火災保険の確認をして下さい。
コラム

屋根修理に火災保険が使えます。使い方・コツなどを解説!

屋根修理に火災保険は使えますし、場合によっては修理をしたあとも給付金の一部が残り、自由に使うことができます。しかし火災保険の補償を受けるには満たさなければならない条件や注意点があります。
コラム

火災保険請求のコツ教えます。サポート会社の利用のすすめ

火災保険は過去3年以内の火災や自然災害による突発的な被害であれば、補償の対象に含まれます。しかし、火災保険は申請できる補償の対象内容を把握していない故に本来給付金を受け取れる損害でも、申請しない加入者が多くいます。このコラムでは火災保険の申請で失敗しない為のいくつかのコツ、なぜサポート会社を利用するべきなのか解説していきます。
コラム

火災保険の加入の種類と申請方法

火災保険は、家やマンションの建物の中にある家財が火災などの災害によって損害を受けたときに補償してくれる保険ですが、実は火災保険は様々な災害から私たちを守ってくれる便利な保険なのです。屋根修理や外壁修理についてなど、火災保険の仕組み、申請方法、サポート会社について少しでも参考になればと思います。
コラム

雨漏り調査で原因を特定(修理をするなら火災保険の活用を)

雨漏り調査で原因を特定。雨漏りとは、建築物の内部に雨水が侵入して、室内に水滴が落ちたり壁や天井などに雨染みができたりすることをいいますが、雨漏りが起きる原因は、経年劣化・台風・地震などの自然災害や何らかの衝撃による損傷や太陽光パネルなどの施工不良などが考えられます。場合によっては火災保険が適用されるケースもあります。
コラム

屋根や壁の雨漏り修理(コーキング)¦火災保険活用

雨漏り修理、コーキングによる補修について事例を交えながら解説。屋根や壁からの雨漏りで急な応急処置が必要な時って困りますよね。雨漏り修理は自分でもコーキングなどで応急処置は出来ますが、意外と難しいものです。火災保険を使うことにより、修理代が出る場合もありますが、火災保険申請が可能というケースも多いため、一度無料調査をすることをお勧めします。
コラム

雨漏り修理は自分で出来るか?(火災保険のうまい使い方)

DIY感覚で少しでも応急処置を行うのであれば、雨漏りはコーキング材を使って止めることができます。ただし、一つ言えるのは、自身でコーキング材を使って雨漏りを止めるというのは、非常に難易度の高い作業であるということです。屋根の雨漏りを自分で修理する方法や業者に依頼したときの費用について、雨漏り修理に火災保険の申請をした場合について解説します。
コラム

自然災害の保険とは?

自然災害による損害は、火災保険で補償されるのでしょうか?保険の内容にもよりますが、火災保険の中には火災だけでなく、風災・水災・雪災・落雷などの風水災等による損害を補償する内容が含まれており、台風や暴風などの風災による損害や、大雪などの雪災による損害について、一定額以上に達するものであれば補償の対象としています。
コラム

火災保険申請を使うデメリット

火災保険を使うことに特にデメリットはありません。逆を言えば被害があるのに、火災保険を使わない理由がないため、むしろ申請をしてみた方がいい場合もあります。 ここからは火災保険を使用するにあたり、知っておきたい注意点を何点か紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました