リフォーム

リフォーム

そのアパート、火災保険はうまく活用できていますか?修繕費や給付金がもらえます。

アパートオーナーの多くが、屋根や外壁のメンテナンスのタイミングで考えるのがやはり修繕費用です。物件によっては莫大な費用がかかってしまうのも事実です。修繕を行わなければ、入居者を集めることができず、不動産収入、家賃収入を獲得できなくなってしまうリスクもあるのです・・
コラム

苫小牧で外壁塗装をするなら火災保険の活用を

苫小牧で外壁塗装をするなら火災保険の活用をしましょう。いざ外壁塗装工事をしようと思っても高額な工事になるため、塗り替えのタイミングだとしても躊躇してしまうものです。そんな外壁塗装工事ですが、少しでも費用を安く抑えるために、火災保険の活用をおすすめします。
コラム

火災保険を使えるかどうかの診断

自宅の破損箇所が火災保険の補償内容として適用されるかどうかを専門業者が調査してくれるものが、火災保険の無料調査です。実際に自然災害にあった際には、気づかない箇所も被害に遭っているケースが非常に多いです。火災保険申請サポート会社が増えていますが、優良な業者ばかりではなく悪質な業者も増えていますので、選別が大事です。
コラム

雨漏り調査で原因を特定(修理をするなら火災保険の活用を)

雨漏り調査で原因を特定。雨漏りとは、建築物の内部に雨水が侵入して、室内に水滴が落ちたり壁や天井などに雨染みができたりすることをいいますが、雨漏りが起きる原因は、経年劣化・台風・地震などの自然災害や何らかの衝撃による損傷や太陽光パネルなどの施工不良などが考えられます。場合によっては火災保険が適用されるケースもあります。
コラム

雪が溶けた後の水災被害は火災保険で補償されるのか?

水災被害は火災保険で補償されるのか。大雪や豪雪、雪崩などの雪害で、自宅や家財に被害が生じた場合は、火災保険の「雪災補償」で補償。雪が溶けた後の雪解けによる洪水(融雪洪水)で自宅に雨漏りなどの損害があった場合は、火災保険の「水災補償」で補償されます。火災保険に「水災補償」をつけていると補償されます。
コラム

屋根や壁の雨漏り修理(コーキング)¦火災保険活用

雨漏り修理、コーキングによる補修について事例を交えながら解説。屋根や壁からの雨漏りで急な応急処置が必要な時って困りますよね。雨漏り修理は自分でもコーキングなどで応急処置は出来ますが、意外と難しいものです。火災保険を使うことにより、修理代が出る場合もありますが、火災保険申請が可能というケースも多いため、一度無料調査をすることをお勧めします。
コラム

雨漏り修理は自分で出来るか?(火災保険のうまい使い方)

DIY感覚で少しでも応急処置を行うのであれば、雨漏りはコーキング材を使って止めることができます。ただし、一つ言えるのは、自身でコーキング材を使って雨漏りを止めるというのは、非常に難易度の高い作業であるということです。屋根の雨漏りを自分で修理する方法や業者に依頼したときの費用について、雨漏り修理に火災保険の申請をした場合について解説します。
コラム

火災保険申請を使うデメリット

火災保険を使うことに特にデメリットはありません。逆を言えば被害があるのに、火災保険を使わない理由がないため、むしろ申請をしてみた方がいい場合もあります。 ここからは火災保険を使用するにあたり、知っておきたい注意点を何点か紹介していきます。
コラム

雨漏り修理|対処法と注意点、火災保険の適用条件

雨漏りが起きた時、少しでも不安を小さくするために、あなたにできる雨漏り修理と対処法を解説します。雨漏りの原因によってかかる費用や時間が大きく異なるため、まずは一度専門家の意見を聞いてみることが大切です。もちろん雨漏り修理に「火災保険が使える」条件、ポイントもあります。
コラム

不動産の売却をお考えの方!(事前の火災保険の活用の重要性)

不動産の売却の前に火災保険を活用すべき理由。不動産の査定に影響する屋根の破損などは、直近で起きた台風や強風などの風災で損傷してしまった箇所を火災保険を使って直すことが出来ます!(※査定内容は不動産によって変わりますのでご確認下さい。)台風で家が被災してしまった場合、「高く売れないだろう」と諦めてしてしまうことはやめましょう。
タイトルとURLをコピーしました