雪災

コラム

ベランダやバルコニーが被災!火災保険は使えるのか

台風や雹のあと、更には雪が融けた後にベランダやバルコニーを確認してみると、こんな傷あったっけ?ということがあるかもしれません。実は火災保険でベランダやバルコニーの被害は補償される可能性があります。
コラム

屋根修理に火災保険が使えます。使い方・コツなどを解説!

屋根修理に火災保険は使えますし、場合によっては修理をしたあとも給付金の一部が残り、自由に使うことができます。しかし火災保険の補償を受けるには満たさなければならない条件や注意点があります。
コラム

雪による被害で想定される例・雪災に火災保険は使える?

雪による被害の例や火災保険は使えるのかについて解説。豪雪地帯では、雪によって家屋や設備が損害を受けるリスクがあります。豪雪地帯に住む方は、火災保険で雪による損害がカバーできているか確認することが大切です。想定被害例と保険の種類や火災保険申請の際の注意点、サポート会社の利用についてみていきましょう。
コラム

雪害・雪災で火災保険を請求する条件とコツ

雪害を受けた後に保険金請求するときの条件やコツについて解説。雪によってご自宅に被害を受けたとき、火災保険の利用を考えましょう。火災保険に加入しているのであれば、雪害による建物の損傷について保険金を利用できる可能性が高いからです。それでは、どのように考えて雪災による火災保険金請求を行えばいいのでしょうか。
コラム

雪解けの時期は注意が必要(融雪洪水にご注意)

2022年は記録的な大雪で、特に2月上旬からの大雪で、記録的な積雪量となっている地域が多数あります。2月26日からは気温上昇に伴い、急速に雪解けが進むことから、特に以下の項目には注意が必要です。今回は大雪の被害の後に起こりやすい融雪洪水について説明します。
コラム

積雪・落雪によりカーポートや車庫、ウッドデッキなどの被害に火災保険が使える!?

家に積もった雪はその重みで、屋根や柱にダメージを蓄積させていきます。放置すると危険な雪害ですが、実は火災保険で雪害を補償してくれることは知っていましたか?あまり知られていない火災保険と雪害の関係をご紹介します。火災保険申請をお考えであったり、サポート会社に依頼しようと思っていた方は必見です。
コラム

融雪洪水で床上浸水・火災保険で補償できる

毎年、冬には雪害によって人的・物的に大きな被害を受けるので、雪の防災に備えが必要です。そして、寒い冬が終わって融雪期を迎えると、今度は雪解けによる災害に備える必要が生じます。雪解け水による洪水(融雪洪水)により保険の対象である建物または、保険の対象である家財を収容する建物が床上浸水を被った結果、生じた損害は、「水災補償」の補償の対象となります。床上浸水に至らない場合は、補償の対象とはなりません。また、融雪洪水による損害は、「風災、雹(ひょう)災および雪災補償」の補償対象とはなりません。
コラム

令和4年(2022年)の大雪被害で融雪洪水によって床上浸水が起きるかも?

2022年強烈な寒波が日本列島を襲い、特に日本海側では大雪や猛ふぶきが続き、さらには雪に慣れていない太平洋側でも大雪になった場所がありました。豪雪地域では融雪洪水といって溶けた雪による床上浸水などの被害が出てくる可能性がありますが、火災保険の内容によっては使えない場合がありますので火災保険申請の前に確認が必要です。
コラム

2022年(令和4年)は大雪でした…雪融けによる融雪洪水の被害に火災保険が申請できるかもしれません!?

2022年(令和4年)は大雪。雪融けによる融雪洪水の被害に火災保険申請できる?観測史上最多や数十年振りな積雪の記録となった地域も多かったと思います。大雪による雪災(雪害)に合われた方も多いのではないでしょうか。そんな被害に火災保険が使える?火災保険申請はサポート会社を使った方がいい理由などを解説します。
コラム

火災保険請求のコツ教えます。サポート会社の利用のすすめ

火災保険は過去3年以内の火災や自然災害による突発的な被害であれば、補償の対象に含まれます。しかし、火災保険は申請できる補償の対象内容を把握していない故に本来給付金を受け取れる損害でも、申請しない加入者が多くいます。このコラムでは火災保険の申請で失敗しない為のいくつかのコツ、なぜサポート会社を利用するべきなのか解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました