経年劣化

コラム

ベランダやバルコニーが被災!火災保険は使えるのか

台風や雹のあと、更には雪が融けた後にベランダやバルコニーを確認してみると、こんな傷あったっけ?ということがあるかもしれません。実は火災保険でベランダやバルコニーの被害は補償される可能性があります。
コラム

サイディング外壁に損傷 それって凍害かも?火災保険は?

家の壁(サイディング)に大きな割れや塗装の剥がれなどがある場合は凍害という症状の可能性があります。凍害の場合、火災保険の適用ができる場合があります。発生する原因は、建物の屋根材や壁に含まれた水分が、急激に冷やされて凍ったり溶けたりすることです。凍害は何らかの原因で損傷があった場所に水分が入り内部の水分が凍結することで生じる悪影響のことですが元となる原因があります。サポート会社の調査により損傷の発見につながるケースが多くあります。
コラム

経年劣化でも火災保険は適用できるか?

経年劣化は災害ではありませんので、火災保険の補償の対象外となります。強風によって何らかの被害箇所があった場合でも、直接的な原因が「強風ではなく、経年劣化だ」と判断された場合には、火災保険の適用が出来ない場合があります。建物が壊れた原因が風災か、それとも経年劣化によるものなのか、実際のところ、素人に判別することはとても難しいです。何が原因の破損か、専門家に見てもらってから火災保険の申請を検討するようにしましょう!
タイトルとURLをコピーしました