雨漏り修理

コラム

雨漏り調査で原因を特定(修理をするなら火災保険の活用を)

雨漏り調査で原因を特定。雨漏りとは、建築物の内部に雨水が侵入して、室内に水滴が落ちたり壁や天井などに雨染みができたりすることをいいますが、雨漏りが起きる原因は、経年劣化・台風・地震などの自然災害や何らかの衝撃による損傷や太陽光パネルなどの施工不良などが考えられます。場合によっては火災保険が適用されるケースもあります。
コラム

雪が溶けた後の水災被害は火災保険で補償されるのか?

水災被害は火災保険で補償されるのか。大雪や豪雪、雪崩などの雪害で、自宅や家財に被害が生じた場合は、火災保険の「雪災補償」で補償。雪が溶けた後の雪解けによる洪水(融雪洪水)で自宅に雨漏りなどの損害があった場合は、火災保険の「水災補償」で補償されます。火災保険に「水災補償」をつけていると補償されます。
コラム

屋根や壁の雨漏り修理(コーキング)¦火災保険活用

雨漏り修理、コーキングによる補修について事例を交えながら解説。屋根や壁からの雨漏りで急な応急処置が必要な時って困りますよね。雨漏り修理は自分でもコーキングなどで応急処置は出来ますが、意外と難しいものです。火災保険を使うことにより、修理代が出る場合もありますが、火災保険申請が可能というケースも多いため、一度無料調査をすることをお勧めします。
コラム

雨漏り修理は自分で出来るか?(火災保険のうまい使い方)

DIY感覚で少しでも応急処置を行うのであれば、雨漏りはコーキング材を使って止めることができます。ただし、一つ言えるのは、自身でコーキング材を使って雨漏りを止めるというのは、非常に難易度の高い作業であるということです。屋根の雨漏りを自分で修理する方法や業者に依頼したときの費用について、雨漏り修理に火災保険の申請をした場合について解説します。
コラム

雨漏り修理|対処法と注意点、火災保険の適用条件

雨漏りが起きた時、少しでも不安を小さくするために、あなたにできる雨漏り修理と対処法を解説します。雨漏りの原因によってかかる費用や時間が大きく異なるため、まずは一度専門家の意見を聞いてみることが大切です。もちろん雨漏り修理に「火災保険が使える」条件、ポイントもあります。
コラム

屋根修理に火災保険が使用できる!?使える条件、申請方法

屋根修理に火災保険が使用できる可能性があります。台風や地震などで多くの場合、被災しているケースがあります。使える条件、申請方法を解説。ポイントは事故の証拠となる写真をきっちりと撮っていることですが、事前に専門業者への相談が重要になります。
タイトルとURLをコピーしました