保険料

コラム

店舗のオーナー様。火災保険を有効活用しませんか(店舗保険申請サポート)

ご自宅にかけられている火災保険の他に、店舗の補償のための店舗用の火災保険である店舗総合保険。大切な店舗を守るために加入されている店舗保険は、住宅の火災保険と同様に種類やオプションが豊富ですが、いざというときに使わないと宝の持ち腐れになってしまいます。
コラム

火災保険の費用保険金とは?

火災保険の費用保険金とは、損害のほかに、様々な費用が必要となり、その費用を補填するために支払われる保険金です。
コラム

賃貸物件でも火災保険は必要?

火災保険への加入は任意ですが、賃貸住宅の中には、賃貸借契約の条件で火災保険への加入が必須となっている場合があります。
コラム

火災保険を使えるかどうかの診断

自宅の破損箇所が火災保険の補償内容として適用されるかどうかを専門業者が調査してくれるものが、火災保険の無料調査です。実際に自然災害にあった際には、気づかない箇所も被害に遭っているケースが非常に多いです。火災保険申請サポート会社が増えていますが、優良な業者ばかりではなく悪質な業者も増えていますので、選別が大事です。
コラム

火災保険申請を使うデメリット

火災保険を使うことに特にデメリットはありません。逆を言えば被害があるのに、火災保険を使わない理由がないため、むしろ申請をしてみた方がいい場合もあります。 ここからは火災保険を使用するにあたり、知っておきたい注意点を何点か紹介していきます。
コラム

火災保険 一度使うとどうなる!?保険料は高くなる?契約が切れる?

火災保険 一度使うとどうなる!?火災保険は自動車保険などとは違い、等級制度がないため何回使っても保険料が上がることはありません。また被害に遭う度に何度でも使うことができます。(火災保険の保険金額に達するまでは、保険料が上がることなく使うことができます。)
コラム

火災保険は使いすぎると保険料はどうなる?

火災保険は自動車保険のように保険料が上がりそうで使えない。そう思って火災保険を使いたいけど使えないまま時間だけがたっていってしまう方が多くいます。ですが火災保険にはそのような制度はありません。 従って契約している保険会社から保険金が支払われた場合でも翌年度以降の保険料は変わりませんのでご安心下さい。
タイトルとURLをコピーしました