不動産の売却をお考えの方!(事前の火災保険の活用の重要性)

コラム

不動産の売却をお考えの方は、ぜひ知っておいて頂きたい情報がございます!

戸建ての売却の場合、新しく住み替えや相続した家の処分などが多いです。しかし簡単に売却先は見つからないのが現状です。元が高額の商品であるからこそ、失敗をすると最終的に手元に残るお金は100万円以上差が出ることもあります。

この記事でわかること
  • 複数の不動産会社の査定を受けること
  • 不動産を売却する場合にも費用が発生する
  • 火災保険を活用すべき理由
  • 火災保険申請は『火災保険申請サポート会社』を使うメリット

不動産売却のタイミング

不動産売却のタイミング

では実際に不動産が売れるまでの期間ですが、一般的に3ヶ月から11ヵ月と言われています。これは査定開始から実際に売却が完了するまでの期間です。

しかしその時期に不動産を買いたいと思う買主が現れないと売れないのでこの画像のような売り出し期間が一番長くなります。

そして買主が現れても希望の売却額に買主が納得してくれないと売買契約は成立はしません。不動産を売れる買主が現れるかはタイミング次第です!11ヶ月以上かかる場合もあるので、不動産の売却は余裕をもって行いましょう。

また、戸建ては築年数の経過による価格の減少が著しいため、築20年で新築時の1〜2割程度にまで落ち込むといわれています。

複数の不動産会社の査定を受けること

査定で最も重要なことは、複数の不動産会社に査定を依頼して比較をすることです。

不動産会社には、それぞれの「強み」があります。

得意・不得意分野があるので、どこの不動産会社を選ぶかによって売れる値段は変わってくるのです。先ほどもお伝えしたように、100万円以上も査定額に違いが出るケースもあるので注意が必要です。何かの事情で手放すことになった住宅、不動産の売却をお考えの方は、少しでも高く査定して貰える業者を調べたり、お知り合いに聞いてみたりと色々と大変だと思います。

不動産を売却する場合にも費用が発生します

仲介手数料

不動産は売る場合でも費用が発生します。最も一般的な方法として不動産会社に依頼をした場合は仲介手数料が発生しますし、不動産を購入した時より高く売れた場合には税金もかかります。不動産売却時にかかる主な費用は以下の通りです。

項目費用の目安
仲介手数料( 売却額 × 3% + 6万円 )+ 消費税
印紙税1,000円〜6万円 ※売却金額により異なる
抵当権抹消費用司法書士へ依頼するとして5,000円~2万円程
ローンを一括返済するための費用一括繰上返済にかかる金融機関への手数料1~3万円
譲渡所得税・住民税・復興特別所得税売却した年の1月1日での保有期間によって異なる
保有期間が5年以下なら譲渡所得の39.63%
保有期間が5年超なら譲渡所得の20.315%
その他費用※費用項目より異なる

不動産をせっかく希望額や相場通りの価格で売却できでも、費用が掛かってしまって手元に残るお金が少なくなるということ。結果安く売ってしまったのと同じなのは残念ですよね。

売却前にリフォームは必要なの?

メリットデメリット

売却前のリフォームはケースバイケースです。家売却前にリフォームするメリットとデメリットを正しく理解した上での判断が大事です。それではリフォームしてから家を売るメリットとデメリットを紹介していきます。

リフォームしてから家を売るメリット

見た目の印象が良くなる ・リフォームをして家をきれいにすることで、家の印象が良くなり売却が有利になるというメリットがあります。見た目の印象が悪い家はリフォームすることで売却できる可能性は飛躍的に高まるでしょう。

買主がすぐに引っ越せる ・中古物件を購入する方の多くが引っ越し後にリフォームを行うことが多いです。リフォーム済みであればすぐに引っ越せるので、早く新居に引っ越したい方に売りやすくなります。

リフォームしてから家を売るデメリット

リフォーム費用を回収しずらい ・最近はリフォームして再販売している家が多いですが、お風呂・キッチン・洗面台・壁・床等のフルリフォームをすると数百万円程度かかってしまいます。リフォームは現状回復の意味合いが大きいのでこの費用を上乗せした金額で売れることはほとんどありません。

中古物件の魅力である「価格」が損なわれる ・中古物件の買い手は家が古いことを認識しているため、自分でリフォームすることを前提に「安さ」を求めてに家を探しています。売主がリフォームして売却価格を上げると安い物件を探している買い手の幅が減少することになってしまいます。

趣味が合わない可能性もある ・中古物件を購入する多くの方は「安く物件を購入し、自分好みにリフォームしたい」と考えています。実際に中古物件を購入した人の約60%の人が物件購入後に自らリフォームした!と回答しています。リフォームする場合はそれなりにお金も掛かるのでしっかりとした判断が必要になります。

大掛かりなリフォームはやめておく

先ほど紹介したメリットとデメリットをまとめると「綺麗な物件だと売れやすいが、リフォーム費用の分高く売れるとは限らない」というのが現状です。大がかりなリフォームよりもまず費用をかけずに家を売った方が賢明だと言えるでしょう

火災保険をまだ解約していない方であれば、お得な情報があるんです。

例えば!

火災保険を活用すべき理由

特徴火災以外にも適応給付金の使い道は自由個人の場合は非課税使っても保険金額は変更なし

不動産の査定に影響する屋根の破損などは、直近で起きた台風や強風などの風災で損傷してしまった箇所を火災保険を使って直すことが出来ます!(※査定内容は不動産によって変わりますのでご確認下さい。)台風で家が被災してしまった場合、「高く売れないだろう」と諦めてしてしまうことはやめましょう。

一度破損した箇所は劣化が速く進みます。台風で被災して、損傷が激しい家ならなおさらです。家が劣化した場合には、さらなる台風や地震によって倒壊し、近隣の住民に多大な迷惑をかける恐れがありますので査定にも影響する可能性はゼロではありません。

まずは無料調査をお勧めします。

もちろん火災保険の申請は自分で申請することはできます。しかし、被害を発見することや、被害額の算出が難しく、もしくはできるけど手間と時間が掛かります。火災保険申請サポートは手間を掛けるなら依頼する方が良いという方のためのサービスとなります。特に家の屋根など外回りの被害は自分では発見しにくく、保険には加入しているけど補償内容を把握してない、入っていることも忘れていたという方には有効なサービスとなります。

火災保険申請サポートの必要性

損害保険会社側には”損害保険登録鑑定人”がいますが、被災者側の立場にたったサポーターが存在しません。請求をする準備段階である建物損傷/損害調査、また被災状況の確認資料作成等を親身になってアドバイスしてくれる専門家が不在です。そこで被災者の立場にたって一連の保険請求業務をサポートしてくれる存在が必要になってきます。損害箇所が補償の対象か、保険金がいくらかを判断するのは、保険のプロである保険会社です。素人がプロを説得して保険金をもらうという時点で、審査落ちのリスクも高く、加入者側がかなり損をしやすい構造です。

火災保険申請は『火災保険申請サポート会社』を使うべき

私共、火災保険の調査のプロが基準に基づき、客観的に調査、診断致します。

おまかせください

火災保険申請サポート窓口のサポート手数料については完全成果報酬となっております。(損害調査して損害箇所が見つからなかった場合の費用は一切頂いておりません。あくまでも保険金が受給できた場合のみになります。)

火災保険申請サポートの初期費用、相談、調査、書類作成等

0円

完全成果報酬

保険金のお受け取りができた場合のみ、受給金額の総額の33%(税込)を全額後払いで頂戴しております。

弊社は広告会社という利点を最大限に活かし、あらゆる分野の企業と提携しております。その為、いざという時のレスポンスはどこよりも早く、お客様に信用を得られております。全国ネットワークですぐに現地の専門の調査員を派遣し、スムーズな保険金需給に繋げます。
・公認業者である各専門会社との連携による安心安全のサポート体制。(建築・保険のプロ)
・弁護士事務所による監修もあり、平均120万円以上の保険金をお受け取り頂けております。

受給事例

火災保険は使わないともったいない

火災保険の解約手続き

火災保険を解約するには、加入者本人が保険会社に解約申請する必要があります。

解約するタイミングは?

家を売却することが決まっても、すぐに火災保険を解約するのは危険です。
火災保険の解約手続きは、家の引き渡し後(所有権移転登記後)に行いましょう。
 
売買契約が成立した後は火災保険は必要ないと思いがちですが、引き渡し前に火災や災害で家が被害にあう可能性はゼロではないからです!
もしもの事があった場合は自己負担で修繕しなければならない状況に陥る可能性があるのでご注意下さい。

実際の手順

  • step.1
    WEBお電話からお申込

    ページ下部のお申込フォームからお申込、またはお電話にてお問い合わせ下さい。


  • step.2
    調査日の調整

    現地調査の日程調整のため、お申込から1営業日以内に担当者よりご連絡させて頂きます。ご都合のよい日時をお伝え下さい。


  • step.3
    現地調査

    破損個所が火災保険の適用個所になるか専門スタッフが現地に伺い、30分~1時間程度調査を実施致します。申請可否については調査完了後、お伝えさせて頂きます。※被災箇所が見受けられない場合はその場でサポート終了とし、費用の請求等は一切ございませんのでご安心下さい。


  • step.4
    保険会社に申請(事故受付)

    自然災害により家屋の被害を受けた旨をご加入中の保険会社様にご連絡(事故受付連絡)頂き、申請に必要な書類を取り寄せていただきます。


  • step.5
    保険会社へ書類の提出

    調査内容をもとに修繕見積書と調査報告書をお客様へお送りいたしますので、申請書類と一緒に保険会社に送付頂きます。


  • step.6
    保険会社による審査・現地調査

    申請資料を元に審査が行われますが、指摘事項があった場合、保険会社や鑑定人に対して被害状況の説明を行います。


  • step.7
    結果の通知、給付金の支払い

    保険会社様の回答の結果、損傷が認められた場合、保険会社様からご入金がございますので、ご確認ください。


  • step.8
    災保険申請サポートの報酬の支払い

    保険会社様よりご入金額が確認できましたら、弊社よりご請求書をお送りいたしますので、手数料送金ください。申請内容が認められないなどの理由で、保険金が受け取れなかった場合は一切費用はいただいておりません。

火災保険申請サポート窓口へご依頼ください

お問い合わせを頂きましたら、全国の現地調査員(自然災害調査士などの専門業者、地元工務店、工事業者など)と連携し、すぐに調査にお伺いします。もちろん「完全成果報酬制」のため調査費用は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました